まさかの交通事故に備えるための弁護士

自分ではどんなに安全運転に心がけて運転をしていても、相手から突然交通事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。特に自分に全く過失がない交通事故に巻き込まれると加入している自動車保険会社に頼ることができないため特に厄介です。交通事故の問題だけでなく、様々な物事の解決のために示談交渉が行なわれています。示談とは、法律用語の一つで和解する方法の一つで、当事者同士がお互いの衝突する主張を解決に至るように合意をすることを意味します。交通事故の示談で決めることには被害者に支払う損害賠償金の金額も含まれています。正しい賠償金の知識がないと補償を充分に受けることができないまま合意してしまい、不満が残る結果となってしまう可能性があるため、弁護士と相談することが必要になります。

示談交渉はいかに有利な条件で和解できるかが重要

和解とは、お互いが譲歩して問題を解決に導いていく契約になります。ですので、和解に至った場合は、和解に至った証拠として和解契約書を作成するのが一般的です。和解契約書は示談書ともいい、この示談書には、損害補償金の金額や、支払い方、支払うまでの期限などといった和解するための条件が詳細に記載されています。和解契約書は、この交通事故でこれ以上、争わないという契約書でもあり、成立してしまえば、損害賠償金を追加して請求することが難しくなってしまうため、被害者は慎重に同意する必要があります。和解契約書が持っている法的な効力は、とても大きいため、裁判所でも和解契約書の内容は非常に重視されます。ですので、内容を正確に把握しないで合意してしまうと、損害に見合った損害賠償金を自分から放棄してしまうかも知れません。

示談の交渉は弁護士に代理人を依頼する

交通事故に遭って被害者になった人は加害者が加入する自動車保険会社の人間と交渉をすることになるのですが、難航してしまうことが、とても多くなります。そして、交通事故の慰謝料には幾つかの基準がありますが、自動車保険会社が示す慰謝料は低い方の基準で割り出したものです。一番高い基準の弁護士基準で慰謝料を受け取るためには弁護士の協力が必要になります。いつ交通事故に巻き込まれるかは誰にも分からないことなので、被害者は示談交渉に対する備えができていないことがほとんどですが、交通事故の示談交渉は被害者の怪我の症状が固定すると、直ちに始められるので、怪我を治療している間に、示談交渉に備えて、交通事故の示談交渉に実績がある信頼できる弁護士を探しておく必要があります。